本当のニキビ治療の名医・皮膚科・病院を紹介するサイトです。なかなか治らないニキビは、化粧品やエステなどではなく、病気はきちんとした病院で正しく治療することが大切です。

皮膚の角化異常によるニキビ

  • HOME »
  • 皮膚の角化異常によるニキビ
Pocket

角化異常で毛穴が詰まる!

角化異常というのは皮膚の一番上の層である「角質」が異常に厚みを増してしまうことを言います。毛穴を塞いでしまい、ニキビの原因になってしまうので、ニキビの重要な原因の一つです。

乾燥ニキビも角化異常!

肌が乾燥すると角質はがっさがさの状態に。角質ががっさがさだと垢として落ちにくくなります。新陳代謝が悪いんですね。そして垢は硬くなって引っ付いて剥がれない状態に。これが乾燥で角質が厚くなっていく原因なんですね!

肌の乾燥は保湿不足や間違ったスキンケアが原因だったり、外気の湿度だったり、飲んでいる薬が影響したりとさまざま。

洗顔後に化粧水をつけないでいると、水分の蒸発が蒸発するときに角質の水分も失われてちゃいます。化粧水でも乾燥する人は化粧水以外にも美容液やクリームを付けないといけません。管理人の経験ではほとんどの化粧水ってあんまり保湿力ないんですもん。

それとあぶら取り紙でしょっちゅう顔のあぶらを取っているあなた!皮脂は肌にとって大切な大切な保湿成分です。皮脂を取り過ぎて肌のバリア機能が低下し、肌を守ろうと角質が厚くなったり、ターンオーバーが乱れて角化異常を起こしてしまう場合もあるんだって。

ホルモン異常でも乾燥はおきます。実はニキビの原因とさせる男性ホルモンが少なすぎても、皮脂の分泌が減ってしまってかさかさになるんですね。男性ホルモンが多すぎても少なすぎてもダメなので、ホルモンバランスって大切ですね。

紫外線で角化異常が起こる!

紫外線はほんっと有害です!

管理人は10代のときに海でさんざん焼いていたので、顔と体にシミができています。大きくないですがすごい気になる!なんでも紫外線の害は5年後とか10年後までじわじわと進行して出てくるらしい。怖すぎorz

紫外線のUVBはサンバーンという日焼けを起こし、肌細胞を破壊してしまうほどの強い刺激があります。紫外線を浴びると、乾燥と同じように刺激から肌を守ろうとして角質が厚くなるんですね。それとやっぱりターンオーバーも乱れて角化異常が起こります。

ターンオーバーの乱れは、紫外線によって発生する活性酸素が原因とされています。

睡眠と食生活

そしてやっぱり生活習慣。

普段の生活の中にも、角化異常を引き起こす原因があるので排除していきましょう。

まずお肌にとって大切なのは睡眠です!

睡眠中にお肌はきれいになっていきますが、それは睡眠中に大切な成長ホルモンが分泌されるからなんです。

成長ホルモンと言っても成長期だけ分泌されるわけじゃありません。大人の私たちでも睡眠中にぐぐぐっと成長ホルモンが分泌されています。

成長ホルモンは肌の細胞分裂と修復という働きを担い、肌が再生するんです。

成長ホルモンは睡眠中に大量に出るので、睡眠不足になるとこの成長ホルモンが十分に分泌されなくなります。肌の細胞分裂が衰え、細胞修復も行われないため、肌の細胞が傷付いたまま老化して肌の状態が悪くなります。つまり新陳代謝が行われない(細胞の入れ替わりがない)ので、角化異常を引き起こしてニキビを発生させます。

食生活については皮脂の分泌過剰によるニキビのページでも書きましたが、脂っこいものや糖分が多いものは皮脂腺を刺激して、皮脂をドバドバ出しちゃいます。

皮脂が多すぎても正常なターンオーバーが障害されて角化異常の原因になります。

ビタミンB2、B6、ビタミンC、ビオチン、パントテン酸は、皮脂の分泌をコントロールするとともに肌の正常な新陳代謝(ターンオーバー)を助ける働きもあります。なので偏った食事でこれらの栄養素が足りてないと角化異常の原因になります。

必須脂肪酸=オメガ3系脂肪酸の不足も角化異常の原因とされています!

オメガ3系脂肪酸は、サバやイワシなどの青魚に豊富に含まれているのは有名ですよね。こういった必須脂肪酸は肌の再生を促す働きがあるので、不足すると新陳代謝の乱れに繋がります。

この必須脂肪酸のもう一つの重要な働きとして角質層の天然の保湿因子である細胞間脂質を形成していることがあげられます。必須脂肪酸を十分に食べていないと角質の保湿因子が少なくなって、肌が乾燥に傾いて毛穴周辺の過角化を引き起こしてしまいます。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.